ワークマン、PB開発を継続 「プラス」は今期169店へ

2019/11/25 06:29 更新会員限定


Medium %e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b319%e5%b9%b4%e6%98%a5%e5%a4%8f%e5%a3%b2%e3%82%8c%e7%ad%8b

 作業服・作業用品主体のFC専門店チェーンのワークマンは下期(19年10月~20年3月)、引き続きPBの開発を強化し、一般客向け高機能ウェアの新業態「ワークマンプラス」の店舗網を拡大する。さらなる認知度向上と若年層を含む客層拡大を狙い、SNSを活用した販促とマーケティングを強化。20年3月期は営業総収入733億6000万円(前期比9.6%増)、営業利益150億1100万円(11%増)の9期連続増収増益を目指す。

(河邑陽子)

【関連記事】ワークマン アンバサダーマーケティングを本格化

 4~9月の業績は、直営店と加盟店を合わせたチェーン全店売上高553億3800万円(前年同期比32.2%増)、既存店も客数21%増、客単価5.6%増で、売上高27.8%増だった。アウトドアやスポーツ系、レイン関連の高機能ウェアを軸としたPB強化策が実り、来店客数が大幅に増加。新業態の出店開始後、客層が広がり、昨年11月から月間売上高の2ケタ増が続いている。上期の営業総収入は418億8600万円(45.2%増)、営業利益86億4200万円(55.1%増)、経常利益93億5700万円(51.8%増)、純利益58億200万円(51.8%増)だった。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop