ダブルエー子会社の卑弥呼 秋冬から商品供給を刷新

2020/07/20 06:28 更新有料会員限定


Medium img 6990

 5月1日にダブルエーの子会社となった婦人靴卸の卑弥呼は、百貨店での商品供給を刷新する。新社長には、ダブルエーの新井康代取締役が就任した。秋以降は「HIMIKO(ヒミコ)」「卑弥呼」「ウォーターマッサージ卑弥呼」の3ブランドで売り場を組み立て、ECと連動して在庫を十分に持って売り上げを拡大する。ロゴもリニューアルした。国内の生産拠点は変わらないが、素材調達などダブルエーのノウハウを生かして効率化し、消費者視点の物作り、サービスの提供に磨きをかける。

(須田渉美)

【関連記事】「オリエンタルトラフィック」のダブルエーが卑弥呼の全株式取得へ

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop