《視点》京都らしさ

2017/07/20 04:00 更新


 伝統産業や地場産業に携わる京都企業の17年度の販路開拓事業が動き出した。京都産業育成コンソーシアムが来年2月に東京・渋谷ヒカリエで開く「知恵産業フェア」は、8月下旬に出展企業が決まる。

 東京開催の過去2回はいずれも1000人近いバイヤーを集めた。「京都に特化したBtoB(企業間取引)展が少なく、来場者の関心は高かった」という北河原純也プロデューサーは、「どこにでもあるような物は売れない」とも指摘する。国産品の競合も激しくなり、京都らしさが商品の背景になければ埋没してしまう。逆に、背景が明快でも現代生活に適合する商品でなければバイヤーの目にとまらない。

 そうした課題の解決に向け、フェアの実行委員会では同氏を軸にしたグループミーティングや外部専門家によるセミナー、出展者間の交流会も実施して支援を強めるという。募集説明会には約70人が参加し、うち3割が新規企業だった。支援を生かした新商品の登場に期待したい。(阿)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop