売り場観測・専門店メンズ11月 ダウン軸にレイヤード

2019/11/12 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

 前月に売れ行きの弱かった冬アウターをしっかり売る時期だ。仕入れの人気ブランドのダウンジャケットは前月までにほとんどが売り切っており、今月はオリジナルのアウターをどれだけ売れるかが勝負を分ける。ボアフリースのブルゾンのほか、今季はリサイクルダウン、素材メーカーと組んで生地から開発したダウンジャケット、透湿防水機能やリバーシブルで使えるコートなど、素材に特徴を持たせたアウターに力を入れる店が多い。ボトムはフリースなどを裏地に使ったパンツ、足元はボア入りブーツなど防寒を意識した商品の提案も目立つ。

【関連記事】売り場観測・専門店メンズ10月 コーデュロイやチェック柄アウター

ビームス原宿

■ミリタリーをロックテイストで


モッズコート14万円「コモリ」、シャツ2万5000円、カットソートップ1万8000円「シュタンバーグ」、パンツ3万9000円「ヴェイパライズ」、ブーツ4万8000円「ニードルズ」

■ダウンとボアでぬくぬく

ダウンジャケット3万5000円、フリースプルオーバー1万1000円、パンツ1万3000円「ビームス」、ブーツ2万1000円「アグ」

【今月のアピール】

 仕入れでは「ヘリーハンセン」の別注が入荷しているほか、「アシックス」別注の「ゴアテックス」を使ったトップやパンツ、スニーカーの売れ行きにも期待している。オリジナルではボリュームたっぷりのダウンジャケットや機能性素材のコートなどアウターを本格的に売っていきたい。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop