ファストリ第3四半期 海外好調で2ケタの増収増益

2018/07/12 17:42 更新


Medium %e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ad%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%82%b4

 ファーストリテイリングの第3四半期(17年9月~18年5月)業績は、2ケタの増収増益だった。売上収益1兆7041億円(前年同期比15.3%増)、営業利益2388億円(32.3%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益1483億円(23.5%増)だった。海外のユニクロ事業が大きく伸び、国内のユニクロも好調だった。ジーユーは増収ながら、春夏商戦が不振で微増益にとどまった。

 海外ユニクロ事業の売上収益は7160億円(27.5%増)。営業利益は1124億円(65%増)。中国を中心に韓国、東南アジア、オセアニアも計画を上回る大幅な増益だった。欧州も増収増益で、北米の赤字幅も縮小した。

 国内ユニクロは売上収益7044億円(7.8%増)、営業利益1200億円(29.6%増)。1月と5月を除き、既存店売上高が増収で、値引きロスが減少、収益性が高まった。

 通期は売上収益2兆1100億円、営業利益2250億円、親会社の所有者に帰属する当期利益1300億円を見込む。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop