東京ブランド20~21年秋冬 テーラード応用したドレス

2020/03/30 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5  11

 東京デザイナーの20~21年秋冬コレクションで、マスキュリンの要素が反映されたドレスが広がっている。ハリのあるフォルムや直線的なスタイルで新鮮さを出している。前シーズンから続くビンテージムードのドレスは、袖周りのボリューム変化で女性らしさを強調している。

(須田渉美)

【関連記事】東京メンズブランド 海外市場に挑戦するデザイナーに聞く

■芯の強い女性像

 カギとなるのは、テーラードスタイルを応用したドレスだ。薄手のメルトンを使ったコートドレスも多い。男性らしさの中で芯の強い女性像を表現する。

 デビュー10年目を迎えた「タロウホリウチ」(堀内太郎)は、原点に返ったモノトーンのコレクションを見せた。色をそぎ落としてフォルムの美しさを際立たせた。ダブルサテンのドレスは、前振りの袖をフレアラインに、スカート部をラウンドしたパターンでプリーツ風に見せ、緩やかな曲線で女性らしいエレガンスに引き寄せた。

「タロウホリウチ」ドレス6万6000円

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop