一時代を築いた施設が閉館する福岡市天神地区 再開発加速し新時代へ

2020/05/21 14:59 更新有料会員限定


Medium %e7%a6%8f%e5%b2%a1%e3%83%93%e3%83%ab %e3%82%b3%e3%82%a2

 九州一の商業施設集積を誇る福岡市天神地区で、再開発促進事業「天神ビッグバン」が加速しており、新たな時代に向けて動きだしている。2~3月、隣接する開業44年の天神ビブレと天神コアが相次いで閉館し、24年夏に福岡ビルとともに一体開発による新ビルが開業する。21年8月末にはイムズも建て替えのため閉館する。一方、新たな施設の開業までは地区全体の集客減を懸念する声も多く、郊外や広域商圏では施設の増床実施や新規開業も控えている。新型コロナウイルス感染症拡大による臨時休業などで戦略や工期の遅れも見られるが、今後に向けて消費者の分散化や競合激化が予想される。

【関連記事】名古屋・栄 輝き再び 久屋大通りを軸に広がる可能性

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop