ジーンズカジュアル定店観測12月 冬物本格化で回復基調

2020/12/18 10:58 更新有料会員限定


Medium %e3%83%92%e3%83%8e%e3%83%a41

 ジーンズカジュアル専門店の12月13日の定店観測は、新型コロナウイルス感染再拡大による外出自粛が影響し、観測日の売り上げが前年実績を下回る店が多かった。ただ、気温の低下に加え、ボーナス支給の後押しもあってか、「ここ最近の週末のなかでは良い結果だった」(メソッド)、「暖かみのある色や素材の商品が売れた」(マルカワ)など冬物が本格的に売れ始めている。販売点数もボトム、トップとも前月実績を上回った。

【関連記事】ジーンズカジュアル定店観測10月 アウターやスウェット動く

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop