ストライプインターがファッションDXでスタートアップ設立 “心地良い”買い物実現へ

2022/08/03 06:27 更新


 ストライプインターナショナルはファッションDX(デジタルトランスフォーメーション)のスタートアップ、ワンポイントゼロを8月1日に本格始動した。ストライプインターナショナルおよびストライプグループのテクノロジーとDXを推進する。

 設立は6月1日で、資本金は900万円。代表取締役はストライプデパートメントで取締役CTO(最高技術責任者)を務めた梶原伸介氏。

 データとテクノロジーを活用し、客や社会のニーズをもとに新しいプロダクトやサービスを企画・開発する。店舗とオンラインをシームレスにつなげ、客が商品を見つけて手元に届くまでの一連のステップを「心地よい」体験へとアップデートする。将来的にはベトナムなどの海外企業を含めたグループ横断のファッションDXを担う。

 ストライプインターナショナルの立花隆央社長は「自社ECのストライプクラブやファッションレンタルの『メチャカリ』に力を入れてきた。しかし、店舗の現場力がとても高く、ECへの移行がなかなか進まなかった」とコメント。店舗とデジタルの垣根を越え、買い物ができるシステムを新たな視点で構築していくという。分社化を決めた理由は、小売企業とは働き方や開発環境がまったく異なるため。

 ワンポイントゼロの梶原代表取締役は「ファッション業界やアパレル小売業界ではテクノロジーやDXで解決できる課題がまだ残っている」としたうえで、「パーソナライズされた購買体験へ、心地よい接客やシンプルなインターフェイスへ。我々の思いを実現していく」と意気込む。

関連キーワードデジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop