ストライプインターナショナル グループ会社を再編

2018/11/28 10:35 更新


 ストライプインターナショナル(石川康晴社長)は、グループ会社を再編する。子供服ECのスマービーはストライプデパートメント(石川社長)に、レディス企業のフォピッシュはストライプインターナショナルに合併し、スマービーとフォピッシュは解散すると官報に公告した。効力発生日はともに19年1月1日。

【関連記事】ストライプ 「ハニーサロン」のフォピッシュを子会社化

 スマービーの主な利用者層はストライプデパートメントと同じF2層(35~49歳女性)のため、吸収合併により相乗効果を高める。中長期的には物流の統合やシステム基盤の共有なども計画する。フォピッシュは、18年夏の株式取得時にも掲げていた雑貨類の商品力や店舗とECの強化をさらに推進する。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop