そごう・西武 大津、徳島など5店を閉鎖

2019/10/10 15:40 更新


 そごう・西武は地方、郊外立地の5店舗を閉鎖し、2店舗を面積縮小する。個別の地域マーケットでの店舗の最適化に取り組んできたが、人口減やSC、ECとの競合による顧客流出に歯止めがかからなかった。今後は首都圏を中心とした店舗に経営資源を集中して、事業の構造改革を加速させる。

 閉鎖する西武大津店、岡崎店、そごう徳島店、西神店の4店は20年8月末、そごう川口店は21年2月末、営業面積を縮小する西武福井店、秋田店は21年2月末までに実施する。従業員については、正社員は配置転換で雇用継続し、契約社員は閉店をもって契約終了する。早期希望退職の募集は行わない。

 不採算店の閉鎖は16年にそごう柏店など3店、17年に西武筑波店など2店とエイチ・ツー・オーリテイリングへのそごう神戸店、西武高槻店の譲渡に続くもの。

 今回の5店閉鎖で10店舗体制となる。面積縮小する西武福井店は本・新館の2館体制から本館だけの営業となり、秋田店は市内SC内にある高級食品スーパーの運営を撤退する。両店ともに地域一番店であり、縮小部分の賃貸区画を返却することで「再び成長軌道に乗せることができる」と判断した。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop