長く使えるアイデアで エコバッグいろいろ

2020/09/04 06:30 更新


Medium  %e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc %e9%95%b7%e3%81%8f%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a2%e3%81%a7%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%84%e3%82%8d

【センケンコミュニティー】長く使えるアイデアでエコバッグいろいろ

 7月1日からのレジ袋有料化に伴い、エコバッグの販売が増えている。メーカー側はただバッグを作るだけでなく、デッドストックをアップサイクルしたり、持ち運びたくなるアイデアを取り入れ、愛着を持って長く使えるバッグを提案している。

【関連記事】エコバッグ レジ袋有料化で続々 機能性、素材にこだわり

◇槙田商店 余った色糸をアップサイクル

 傘生地・服地主力のジャカード織物メーカー、槙田商店は8月から、オリジナルエコバッグの新シリーズ「tute」(テューテ)を販売している。倉庫に眠っていた色糸を巧みに組み合わせ、色彩豊かなエコバッグにアップサイクルした。

 生地は、シルケット加工で艶をたたえた綿糸を使ったランダムボーダーの織物。様々な色、太さの線を間隔を詰めて配した縞模様が特徴だ。「残っている糸をうまく使い切る」ことを考え、社内でデザインしたという。仕上げに傘生地用の防水・撥水(はっすい)加工をかけた。水に強く、汚れにくい点が好評だ。バッグの雨よけカバーとしても使える。大(税込み3960円)、小(3240円)がある。

小サイズはコンビニなどちょっとした買い物に

 同社は「テキスタイルメーカーとして無駄を出さない」取り組みの一環で、受注生産で余った糸を保管し、10年前からエコバッグに再利用してきたという。「ニーズの高まりを実感」しており、自社ECのほか、雑貨店などに働きかけ、販売拡大を目指す。

傘生地用の加工を施し、水に強く、汚れにくい

◇米富繊維 デッドストック糸を再利用

 山形県山辺町に本社・工場を構える老舗ニットメーカーの米富繊維は、社内で眠っていたデッドストック糸(ポリエステル100%)を再利用して編んだニットテープと機能性ポリエステル素材(防水・撥水(はっすい)・透湿機能)のボディーを組み合わせたエコバッグを提案している。今夏から、自社ECでの販売を開始した。

 エコバッグは容積16リットル、耐荷重19キロ、6色(ホワイト、グレー、ブラック、オレンジ、カーキ、ネイビー)を用意する。2700円。予想以上のヒットとなり、コロナ禍で本業のニットアイテムの生産が厳しい中、工場稼働の一助になっている。

 デッドストック資材と組み合わせたバッグを日常的に使用してもらうことで、「改めて繰り返し使える身の回りの生活用品を見直し、サステイナブル(持続可能)な生活の仕方について考えるきっかけになってほしい」としている。

ニットテープがアクセントのショッピングバッグ

◇モルフォ 財布に内蔵しパッカブル

 メンズ革小物主力のモルフォ(東京)は、昨年秋冬から「ヘレナ」で合繊のカラフルなショッピングバッグを内蔵したパッカブルウォレットを提案している。レジ袋有料化に伴い、需要が高まるエコバッグだが、急な外出時のちょっとした買い物などでは持ち歩くのを忘れがち。財布に内蔵していると忘れることがなく便利だ。シンプルなデザインなので夫婦やカップルなどで財布を共有し、バッグとしても男女で兼用できるのが大きな特徴だ。

 買い物はもちろん、犬の散歩やジム通いなどの日常シーンのほか、ランニングや野外フェスなどアウトドアシーンにも最適だ。内蔵のバッグはワンショルダートート(大・小)とサコッシュ(大・小)があり、イエローやオレンジ、パープルなど6色が揃う。レザーの財布は、キャッシュレス社会を見据えて、ファスナー式のコンパクトサイズ。1万500~1万2000円。

デザインや色のバリエーションも豊富

◇ドリーム ラムレザーとフェイクムートンで

 レディスアパレルメーカー、ドリームは高品質な素材を使いシンプルなデザインに仕上げる「マリアプラス」の20~21年秋冬物で、ラムレザー、フェイクムートンを全面に使ったエコバッグを企画した。市場にあるエコバッグはファッション性があまりない物が多いとして、普段にも使えるものを出した。

 軽くて柔らかな風合いのラムレザーは、レジ袋形のシンプルで洗練されたデザインにした。内ポケット付きで、サブバッグとしても使いやすい。色は黒のみ。表面に撥水(はっすい)加工が施されているため、雨の日も安心して使える。付属のレザーひもを持ち手に付けるとショルダーバッグにもなる。3サイズあり、1万3000円(大)、1万1000円(中)、7000円(小)。

 フェイクムートンはスエード面とボア面のリバーシブル仕様で、気分やシーンで使い分けができる。4色あり、ピンク、ベージュが好評だった。6000円。両アイテムとも、「高感度で値頃感もあるとして(専門店から)結構受注した」という。

ラムレザーを使いシンプルに仕上げた

デザイナーがデザインする「ボールアンドチェーン」

◆エコバッグはTシャツの道を歩む!

 「ケイタマルヤマ」「ダブルスタンダード・クロージング」「メゾンミハラヤスヒロ」などのおしゃれなエコバッグが百貨店の期間限定店、ECなどで販売されている。「サン・ヒデアキミハラ」のデザイナー、三原英詳によるエコバッグの新ブランド「ボールアンドチェーン」の協業商品で、もちろんボールアンドチェーンのオリジナルもある。刺繍で描いたそれぞれのブランドならではのグラフィックが目を引くが、気になるのはその価格。税込み5500円、3300円など、買い物用のマイバッグは数百円程度で十分と思っている人には「え?」かもしれない。その理由はエコバッグの「考え方」にある。

「ケイタマルヤマ」(税込み5500円)
「ボールアンドチェーン」(税込み4400円)

◆三原英詳デザイナー 「価値は変わっていく」

 例えばTシャツってもともとは肌着だったのが、今は仕事にも着るし、個人を主張するアイテムにもなりました。必需品になったエコバッグも、同じじゃないかな。

 Tシャツは男も女も関係なく当たり前に着る。個性的なプリントで「これ、どう思われるかな」とワクワクすることもある。エコバッグも毎日のメインのバッグになって、この服にこのエコバッグ合わせたい、ってなっていくんじゃないか。タンスの引き出しの一つがエコバッグのコーナーになるとか。そんな風に想像すると楽しい。

 それに何がエコなのかも考えないと。100円や500円のバッグはすぐに捨てることになるのでは。ゴミにするならエコじゃない。第一、ときめきません。ハンドバッグを作っている人間としては、しっかり作りたいんです。

 生地は洗いをかけて自然な感じに仕上げました。畳んだらゴムに通すか内ポケットに入れられます。刺繍はブランドごとの付加価値あるデザインで、価格もブランド側が決めています。肩に掛けられるようストラップも作って、これも売れています。幅38ミリなので肩にくい込みません。

 コロナ禍の今だからできることで一緒にやろう、盛り上げようよと集まったブランドで始めました。不要不急とは言うけれど、プライスレスのことが大事。デザイナーがデザインしたエコバッグ。Tシャツみたいに、その価値は絶対変わっていくと思います。

ショルダーストラップは4色あり税込み880円

◇つながって行こう――名前の由来

 協業ブランドの一つ、ダブルスタンダード・クロージング(フィルム)はブランドのバッグを三原さんの会社で作っている。その関係から、フィルムの社長兼デザイナー、滝野雅久さんがエコバッグのブランド化を三原さんに勧めた。ブランド名を決めたのは滝野さん。「ボールチェーンのように、つながっていこうという意味」。プリントでなく刺繍にこだわって特徴を出すことも提案。ダブスタのエコバッグは直営店でも売っており、人気という。

 協業ブランドはほかに「リミフゥ」「スーパーサンクス」「ベッド&ブレックファスト」。「ルシアンペラフィネ」の参加も決まっている。

 百貨店での期間限定店は伊勢丹新宿本店、松屋銀座本店が終了。9月8日までJR名古屋高島屋、高島屋日本橋店、あべのハルカス近鉄本店で開催中。全国で順次、11月30日まで開催予定。

「ダブルスタンダード・クロージング」(税込み3300円)

包装は環境配慮型素材で

アイテム、用途別に工夫凝らす

 環境配慮から、ショッピングバッグをはじめ、包装を全般的に見直す企業が相次いでいる。

 三起商行は今年から、包装紙、ショッパー、ラベル類などにFSC認証の原料を使用している。同認証は環境保全に配慮し、責任ある森林管理をされた森林から生産される原料を使用した製品に対する認証制度。CO2(二酸化炭素)削減のため、商品用デリバリー袋にバイオマス(生物資源)由来のプラスチックも使用している。

 スタージュエリーは6月に商品パッケージを環境に配慮したモデルにフルリニューアルした。パッケージの種類を4割削減、過剰包装の廃止とプラスチック削減を目指し、素材はすべて再生資材とFSC森林認証紙を用いている。

 ボックスサイズは必要最小限のボリュームにまとめた。包装をシンプルにするために、ブライダル商品用以外のすべてのボックスから外箱をなくし、ボックスに直接リボンをかけるという徹底ぶりだ。

 〝サステイナブルポーチ〟もジュエリーブランドならでは。消費者の承諾を得られた場合に、ショッピングバッグを省き、この中にジュエリーを入れて渡す。次回購入時に持参して再度使うこともできる。ミルクの「エテ」でも同様の取り組みがある。

「スタージュエリー」のサステイナブルポーチ

 オーガニックコットンのタオルを中心に企画・製造・販売するイケウチオーガニックは7月から、ECと直営店のギフトラッピングに「オーガニックエコ風呂敷」を加えた。生成りのまま織ったオーガニックコットン100%の生地で、商品を包む。3サイズを揃え、フェイスタオルからタオルケットまで対応可能。大はエコバッグとしても利用できる。

イケウチオーガニックでは「オーガニックエコ風呂敷」を目当てに商品を買う客も

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop