《トップインタビュー2024》セーレン社長 山田英幸氏 合成皮革「クオーレ」の供給力を向上

2024/02/16 11:00 更新有料会員限定


山田英幸氏

【関連記事】《繊維トップに聞く》セーレン執行役員スポーツ・ファッション事業部長兼ビスコテックス・ブランド部長 久嶋祐司氏 在庫リスクのない物作りを

好調続く合成皮革

 ――昨年を振り返って。

 柱の車両資材事業では半導体不足が解消し、今期(24年3月期)はフル生産の状況です。国内に加え、インドネシア、タイ、メキシコ、米国など海外が好調です。

 一方、中国は厳しい。中国経済の停滞もありますが、主力取引先の日系メーカー不振の影響を受けました。その点では全体で見ると、グローバルに事業展開している強みが生きたと感じています。

 同時に中国のEV(電気自動車)向けへの営業活動も強めています。彼らは提案から採用までのスピードが早く、第4四半期(24年1~3月)には成果が出ると期待しています。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定トップインタビュー



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事