ラクーンコマース 台湾バイヤー特化の越境ECオープン

2020/05/20 10:59 更新


Medium %e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b9

 ラクーンコマース(東京)が運営するBtoB(企業間取引)越境ECサイト「SDエクスポート」は、台湾バイヤーに特化した「日貨百貨バイスーパーデリバリー」を開設した。物流や決済、言語などを台湾バイヤーに最適化し、SDエクスポートの売れ筋を中心に品揃えする。

【関連記事】BtoB越境EC「SDエクスポート」 マスク売上高が56倍に

 日貨百貨バイスーパーデリバリーは、台湾の母国語である中国語(繁体字)を使い、台湾ドルで価格を表示する。決済はクレジットカードと後払いが利用できる。

 アジア専門の配送会社を利用し従来のSDエクスポートより短納期、低コストで配送できる。

 SDエクスポートで台湾バイヤーに人気の高い食器・キッチン用品、インテリア雑貨がメインだが、今後は台湾でまだ流通していない日本の商品なども扱う。

 SDエクスポートは15年に開設し、海外バイヤーとのマッチング、受注、決済、貿易事務、物流をワンストップで提供している。国内1200社以上が46万点を出店し、134カ国5万5000店のバイヤーが利用する。アジアでの売り上げが80%を占め、中でも台湾は購入額・購入バイヤー数ともに常に上位となっている。

日貨百貨バイスーパーデリバリー

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop