SC、地域との連携策を強化 競合より共同で街に活気を

2020/09/24 06:28 更新有料会員限定


Medium %e6%b5%a6%e5%92%8c%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

 コロナ禍でSCが他の商業施設や商店街、企業などと連携した地域活性化策を一段と強めている。地方都市を中心に、新たな取り組みも相次いでいる。地域が一体となって「街を元気づける」ことで、来街者と入館客数の減少に歯止めをかけるのが目的だ。同じ地域の中よりも、他地域との競合施設への対応が課題となるなかで、コロナ終息後も広がりそうだ。

(有井学)

【関連記事】SC開発 足元商圏型で中小規模化 公園一体など「滞在」重視

松本

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop