実店舗の要点⑦ スタッフの帰属意識の高め方(ソリッソ代表・森下きみお)

2024/04/02 14:00 更新有料会員限定


仲間として受け入れ、目標を共有

 採用難のこのご時世ではスタッフに長く働いてもらうことが大事です。終身雇用が当たり前だった時期には意識することが少なかった考え方です。学生とキャリアについて話をすると、2、3年で転職を考えているとの話を聞きます。理由は職場環境になじむことができるか、人間関係がうまくいくかということについて不安があるからです。

 スタッフに長く働いてもらうためには信頼関係を構築することが重要。ES(従業員満足)を高めることでスタッフは会社に対して思い入れが強くなり、エンゲージメント(帰属意識)を持つようになります。

【関連記事】実店舗の要点⑥ 採用難の時代、育てる大切さ(ソリッソ代表・森下きみお)

様々な業務体験で深み

 私が販売を始めた頃、先輩からこんなことを教わりました。お客様に商品をおすすめする時に、商品に対する思い入れがないと納得してもらうことができない、と。今はインターネットで商品の特性は簡単に知ることができます。でも、実際の使用感やネットにはない生産のストーリーなどを知りたいお客様はたくさんいらっしゃいます。ブランドを愛するスタッフが語る熱量はネットのテキストだけでは感じにくいものです。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事