【新型コロナウイルス情報】総合アパレルメーカー 中国生産は8~9割回復 ASEANに懸念移る

2020/03/31 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a %e9%8a%80%e5%ba%a7

 総合アパレルメーカーの中国生産が平常に戻り始めた。新型コロナウイルス感染の影響は、ASEAN(東南アジア諸国連合)での生産や物流面での懸念に移っている。一方、国内市場では行政の外出自粛要請に伴う客数減や店舗閉鎖などによって、春夏商戦は低迷中。終息の見通しが立たないなか、今秋冬に向けた生産・販売戦略の見直しが迫られている。

(北川民夫)

【関連記事】YKK 4月1日の入社式を延期 新入社員は自宅待機へ

武漢を含めて稼働

 中国での生産は、8~9割程度の水準まで回復している。三陽商会は「中国の各工場はほぼ通常稼働に戻ってきている」とし、湖北省武漢の工場を含め9割近くまで稼働率が回復した。ベトナムも通常稼働の状況。一方、フィリピン・マニラでは生産ラインが停止、「稼働再開日は確認中」としている。レナウンも中国の工場について、ほぼ通常通り稼働しつつあるが、ASEANでは「交通の規制などが強まっているため、納期の遅れが発生し始めている」。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop