メルカリと日本郵便 郵便局内に梱包コーナー設置

2019/03/16 14:10 更新


Medium ce4dda7c8202785dce100ff3d1be66b1

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリと日本郵便が連携して、メルカリユーザーの出品作業を手助けする実証実験を開始した。14日から首都圏5カ所の郵便局内に、梱包資材を無料で利用できる梱包コーナー「つつメルすぽっと」を設置。実証実験の結果を踏まえ、展開地域を拡大する。

【関連記事】メルカリ、国内事業に磨き AIで「売る」をもっと簡単に

 ユーザーはメルカリで売れた商品をそのまま郵便局に持っていくと、梱包から発送までをその場でできるようになる。設置するのは立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局。

 メルカリのアンケート調査によると、出品未経験ユーザーの「出品しない理由」は、「こん包・発送作業が大変そうだから」「(発送方法・こん包資材入手・こん包・送料の全ての軸で)どうしたらいいかよくわからない」ことが主な原因になっている。

 メルカリと日本郵便は17年6月から配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」を開始、利便性の高い配送サービスを提供している。二次元コードを使用することにより伝票記入作業が不要で、発送にかかる手間を大幅に減らせる。匿名配送や、全国の郵便局とローソンからの発送にも対応している。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop