《トップに聞く》名洋貿易商会社長 モハメッド・アシフ氏 国内の物作りを支える

2023/11/09 12:00 更新有料会員限定


モハメッド・アシフ氏

 尾州産地の梳毛糸調達をインドからの輸入糸供給で支えているのが名洋貿易商会。国内毛紡績の縮小やアパレル生産の小口短納期化が進む中で、糸の調達環境は年を追うごとに厳しくなっている。それでも「尾州生地を代表とする日本素材は世界市場に通用する」として、国産の付加価値素材開発を今後も支える。

(浅岡達夫)

 当社の顧客は尾州産地のテキスタイルメーカー80社です。素材トレンドや各社の特徴を考慮しながら、顧客企業に物作りとそれに合う糸を提案しています。インドを中心とした輸入糸はバイオーダー発注が基本ですが、顧客全体のニーズを調整し、最適な糸在庫を確保して販売しています。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事