「マメクロゴウチ」×「ティーエイチ」 初の協業コレクションを発売

2020/11/10 11:00 更新


Medium  %e3%83%9e%e3%83%a1%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%82%a6%e3%83%81   %e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%81
モノトーンで動きやすさに配慮したシンプルなデザイン

 黒河内真衣子のレディスウェア「マメクロゴウチ」は11月14日、堀内太郎のメンズウェア「ティーエイチ」と初めて協業したユニセックスのカプセルコレクション「ティーエイチエムケー」を発売する。

【関連記事】信濃美術館ユニフォームデザイナーに「マメ」の黒河内氏

 両ブランドの運営会社は19年秋に、共同の縫製会社ティーエイチエムケーを設立し、共同経営している。カプセルコレクションは、そのファクトリースタッフが着用できる上質なユニフォームを製作しようと企画したもの。それを数量限定で販売する。黒河内、堀内が素材選びからパターンメイキングまで共に行い、主張を控えたシンプルなフォルムにワークシーンで求められる機能を配慮したデザインで6アイテムを作った。パッチポケットとペンホルダーが付いたラボコート(5万5000円)、エプロン(1万5000円)、ブルゾン(3万8000円)、ロング丈のシャツ(4万3000円)など。エレガントな字体を用いたティーエイチエムケーのロゴを、それぞれに刺繍やプリントで施している。

 11月の週末の限定した日程でマメクロゴウチの直営店、ギャラリー38で販売するほか、16日から両ブランドのオンラインストアで販売する。

ブルゾンのほか、Tシャツ、ロング丈のシャツ、エプロン、トートバッグが揃う

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop