【ロンドン・ファッションウィーク・セプテンバー2020】バーバリー 英国の大自然を背景に

2020/09/24 11:00 更新


Medium %e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b3 %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af %e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc2020 %e8%8b%b1%e5%9b%bd%e3%81%ae%e5%a4%a7%e8%87%aa%e7%84%b6%e3%82%92%e8%83%8c%e6%99%af%e3%81%ab %e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%bc

 ニューヨークに続いて始まったロンドン・コレクションは6月に続き、レディスとメンズの垣根を取り払ったジェンダーレスな内容となっている。レディス、メンズにアクセサリーを含めた80ブランドが、デジタルを軸に展示会を並行して行っている。ただし、開幕直前の9月14日から政府の規制が厳しくなり、7人以上の集会が禁止されたこともあり結局、フィジカルのショーは四つのみとなった。展示会のアポイントメントも1回にデザイナーを入れての6人以下となり、見られる人数が絞られている。ハイブリッドをうたいながらも、基本的にデジタルファッションウイークという色が強まっている。

(小笠原拓郎)

【関連記事】21年春夏NYコレクション 〝現実逃避〟とハッピーな気分

 ロンドンのトップを切って、リカルド・ティッシによるバーバリーがライブストリーミングによるコレクションを披露した。映し出されるフィッティングルーム内の映像からモデルが登場すると、そこはイギリスの豊かな自然。その森の中を、続々とモデルたちが歩いてくる。その映像は、世界的に活躍するドイツ出身のビジュアルアーティストのアンネ・イムホフを迎えて、リカルドとのコラボレーションによって生まれたもの。イムホフと長年作品の制作を共にするエリザ・ダグラスによるライブパフォーマンスを背景に、コレクションを見せた。

 21年春夏も、バーバリーのDNAを背景にしたコレクション。トレンチコートをはじめとしたコートが充実し、そこにリカルド・ティッシらしいシャープでフェティッシュなムードが混じり合う。テーマはイン・ブルーム」。イギリスのサマータイムから着想を得て、再生や命の循環とその象徴ともいえる水をキーワードにしたコレクションだ。深い海の中で繰り広げられる人魚とサメのラブストーリーを思い描いた。

 トレンチコートは、ラバー加工のコットン、レザーとデニムジャケットのディテールが取り入れられる。デニムパンツはウエストが重ね着のようなディテールで、ブルーのシアーシャツやカットアウトされたセーターのトーン・オン・トーンでシャープに見せる。白いシアーシャツには淡いブルーのサメのヒレがグラフィカルにのせられる。軽快なコートやシャープなパンツルックの一方で、ドレスはボディーを強調したラインが軸。白いビュスティエドレスに、メタルシートのぎらぎらとした光沢をのせたミニドレスが揃う。


 メンズはスリーブレスのトレンチコートやサメのヒレがモチーフとなったカーコート、ピアッシングが施されたシャツといったアイテムが登場した。船乗りのオーバーオールからイメージしたキャンバスのボイラースーツもある。透け感のあるTシャツの重ね着など、いつもより軽やかな印象に仕上がった。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop