量販店向けレディスアパレル 強まるサステイナブル対応

2021/01/14 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%83%92%e3%83%ad%e3%82%bf%e3%81%ae %e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%ab

 量販店や専門店チェーンを主販路とするレディスアパレルメーカーがサステイナブル(持続可能な)対応を強めている。従来製品と比べるとコストがかさみ、ビジネスベースに乗せるのは簡単ではないものの、「2030年には店頭のほとんどがサステイナブルな商品になるだろう」(アパレル幹部)との声もある。オーガニックや自然由来素材の活用、サーキュラーエコノミー(循環型経済)など少しずつ進め始めた。

(森田雄也)

社内チームで

 活発に動いているのが、アパレル製造卸、小売りを営むヒロタ(岐阜市)だ。19年夏からSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みをスタート。事業部ごとに、1年かけたプロジェクトでの議論をベースに、21年春に二つのサステイナブルブランドを立ち上げる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワードサステイナブル電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop