新たな客呼び込むキーワード、Kカルチャー 都心商業施設で導入活発

2023/12/08 08:00 更新有料会員限定


渋谷パルコが10月に開いた「マーティンキム」の期間限定店には連日多くの客が訪れた

 都心の商業施設で韓国の注目度が高まっている。ファッションにひもづくカルチャー全てが対象だ。狙いは客との接点作りで、施設の活性化に期待する。

(関麻生衣)

【関連記事】Kファッションが世界へ 行政が若手を後押し、日本を足掛かりに

3層のピラミッド

 Kファッションが日本で支持され始めたのは、18~19年ごろ。韓国アイドルの影響が大きかったのは言うまでもない。90年代に確立されたK-POPは、韓国政府主導で発展した。SNSを通じ、韓国の音楽やダンスパフォーマンスが世界で広がり、ファンの交流が促され、産業や国境を越えて浸透した。

 10年代以降、韓国アイドルはハイブランドとの協業やアンバサダー就任を増やし、洗練されたファッションでも一目置かれる存在となった。SNSで情報収集する若者にとって、デジタル上で発信される韓国アイドルのスタイルは憧れの対象となり、Kカルチャーがトレンドの源泉になった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事