《どうなる価格》小島衣料社長 石黒崇氏 物流費高騰で「危機的状況」

2022/01/27 06:30 更新有料会員限定


Medium %e5%b0%8f%e5%b3%b6%e8%a1%a3%e6%96%99%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%ae%e7%9f%b3%e9%bb%92%e5%b4%87%e6%b0%8f
小島衣料社長の石黒崇氏

 「このままでは企業として存続できなくなる。その段階まで来ている」。アジア各国に縫製工場を展開する小島衣料(岐阜市)の石黒崇社長はそう強調する。今のコストアップは世界的な潮流で、止めるのはもはや困難。「皆で腹を割って、話をしていく必要がある」と説く。

(森田雄也)

 一番の悩みは「物流費の高騰」。中国のほか、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピンに自社縫製工場を持つが、「海上輸送と航空輸送の両方が、それぞれ従来の4倍から5倍に高騰している」という。海上輸送なら深刻なコンテナ不足、航空輸送なら旅客便の往来が大きく減少し、運搬スペースが限られるようになったこと、さらに燃料高が大きく影響している。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop