《小笠原拓郎の聞かせて&言わせて》キッズ・ラブ・ゲイトをデザインする山本真太郎さん 世界に毒を発信するには、僕には靴しか手段がない

2021/01/14 06:29 更新会員限定


Medium  %e5%b0%8f%e7%ac%a0%e5%8e%9f%e6%8b%93%e9%83%8e%e3%81%ae%e8%81%9e%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%a6 %e8%a8%80%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a6 %e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba %e3%83%a9%e3%83%96 %e3%82%b2%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%92%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%99%e3%82%8b%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e7%9c%9f%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%81%95%e3%82%93

 「キッズ・ラブ・ゲイト」の靴には、どこかロンドンのストリートのムードが漂う。それはデザイナーの山本真太郎のキャリアに由来するものであろう。ブランドをスタートしてから、徐々にビジネスを広げ、近年はさまざまなブランドとコラボレーションを進めてきた。最新のコレクションとともに、ブランドの目指すところを聞いた。

(小笠原拓郎編集委員、写真=加茂ヒロユキ)

【関連記事】《小笠原拓郎の目》21年春夏コレクションを振り返る

 小笠原 最新のコレクションについて教えてください。

 山本 2021年春夏は原点回帰のコレクションです。ハードなソールとこぎれいなアッパーが特徴です。デヴィッド・リンチの映像「ツインピークス」のイメージがあって、色使いやフェミニンな木型にそんなイメージを取り入れています。

21年春夏コレクションから(ブランド提供)

 最近、がっつりとルックも撮影するようになりました。スタイリングは丸ちゃん(丸山晃)がやってくれていて、彼にイメージを伝えて、編集してもらっています。漠然としたイメージは最初からあって、靴のコレクションができた上で、改めてイメージを伝えていきます。毎回、テーマは設けています。前のシーズンは「モッズ、バイク」。ベスパに乗っているイメージでした。

 ビジネスでは今、コロナでちょっと中断してますけれど、トーバっていうパリのショールームを通じて、海外で見せるようになって4年くらいです。ブランド自体はもう12年になります。毎日、試行錯誤です。

やまもと・しんたろう 1974年東京生まれ。90年に渡英、96年からオールドキュリオシティショップにてアシスタントとして勤務。2000年に帰国し、OEM(相手先ブランドによる生産)の企画営業などを経て、08年秋冬にKIDS LOVE GAITE(キッズ・ラブ・ゲイト)をスタート。

 小笠原  もともとは英国のコードウェイナーズカレッジに通っていたのですか。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop