ジーンズカジュアル定店観測10月

2015/10/16 06:32 更新


アウターの動きが活発

 ジーンズカジュアル専門店の10月11日定店観測は、気温が下がったことからアウターの動きが活発になり始めた。ニットが先行気味だったが、ここに来てスエットも盛り返したようだ。パンツは昨年に比べてジーンズの売れ行きに手応えがある。


ダウンジャケットが順調

 アウターは今年も「カナダグース」のダウンジャケットが順調だ。タイガースブラザースやロフトマン1981で動きが目立っている。ブランド物のダウン以外も動きが出ており、「MA‐1、ダッフルなど重衣料の動きが良くなった」(アメリカ屋)、「防寒の手前のレザージャケット、特にライダーズに人気が集中」(メソッド)、「裏ボア仕様で見た目も暖かい商品の反応が良い」(ジーンズメイト)状況だった。

 一方、「アウターがまだ安定せず、日々の売り上げが大きく変わってしまう。もう少し時間と気温の低下が必要。まだ半袖Tシャツも売れてしまう」(ヒノヤ)という声もある。実需を先取りしていくような提案・発信力もまだまだ重要だ。

 アウター以外のトップはニットとスエットがいい。「ニットが昨年よりもいい」ジェオグラフィーは、あぜ編みのカーディガンが動いている。「レディスはアウターとの組み合わせでプリントのスエットが例年以上に人気」(アメリカ屋)、「キャラクターを中心としたペア買いが多く、パーカのまとめ買いが目立った」(メソッド)などの声が集まった。それ以外のアイテムでは、「ワッフルのサーマルTが押しで、シャツはチェックが浮上している」(ジェオグラフィー)。

続きは繊研新聞で


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop