浮上するインド・ビジネス 中国・東南アジアのリスク増加、綿産国の強み

2022/06/22 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%9e%e3%83%8f%e3%83%ab
人口・若年層・中間層が拡大するインド

 ジェトロ(日本貿易振興機構)の海外進出日系企業実態調査アジア・オセアニア編(21年末実施)によると、今後1~2年で事業を拡大したい国として、インドが1位になった。人口や若年層の多さ、中間層の拡大など、潜在的な成長力は誰もが認める半面、地理的な要因をはじめ、生活や文化、商慣習の違いからビジネスが難しい国との見方が強かった。ただ、ここにきて中国やASEAN(東南アジア諸国連合)諸国の安定度が揺らぎ始め、相対的に〝インドリスク〟が軽減。さらに国際的な綿花急騰のなか、綿産国の強みが浮上して事業拡大の機運につながっている。

(山田太志)

最も期待する国

 ワコールホールディングスは、30年度を着地点とする「ビジョン2030」の中で、海外事業の売り上げ収益を今期見込みの701億円から1080億円へ拡大する計画を掲げた。欧米と中国の主要地域に加え、最も期待する新興国にインドを挙げている。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop