インポートブランド20年春夏レディスバッグ 〝ロゴトレンド〟引き続き

2019/12/25 06:27 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  6

 インポートブランドの20年春夏のレディスバッグは、ロゴやモノグラムのトレンドが継続している。ブランドのシグネチャーバッグをこぞって推していて、定番をアップグレードしたモデルも目立つ。

 この市場は品質と手が届く価格帯、機能性、ブランド力の三拍子が揃い、仕事バッグとしても幅広い女性に支持されているが、「このブランドだから欲しい」と思ってもらえるようなデザインが今まで以上に求められている。

(関麻生衣)

【関連記事】インポートキッズ来春夏 本格的なテクニックと素材

◇フルラ

アーチのような曲線美

 伊ボローニャのフルラ財団の建物のアーチから着想した。象徴的なのは「アーチロゴ」をクロージャーに用いたポシェットやクロスボディーバッグだ。長年、定番として愛されてきたハンドバッグ「フルラパイパー」もアーチのような弧を描いたフォルムに。新作は幾何学的なデザインが特徴的なトートバッグ「フルラ・リボン」。口の中央をきゅっとリボンのようにクロージャーで抑える形だ。今季は、春らしい柔らかなクリームやレモンイエロー、ピンクを差し色にする。マグノリアのフラワープリントにも注目。

「アーチロゴ」のクロージャーがアイコニックな「フルラ1927」5万3000円

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop