ユニセックスのヘップサンダル「ヘップ」 現代の生活スタイルに合わせ 履物産地の奈良で生産、販路広げる

2021/07/21 06:29 更新有料会員限定


Medium %e3%83%98%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%92
ミニマルで普遍的なデザインも意識した

 工場、産地に誇りを――川東履物商店(奈良県大和高田市)が20年4月に立ち上げたユニセックスサンダル「HEP」(ヘップ)が意欲的な動きを見せている。かつて日本で広がったヘップサンダルを、現代のライフスタイルに合わせてアップデートし、着実に販路を増やしている。

(小畔能貴)

 ヘップサンダルから名付けたヘップは、川東履物商店の4代目に当たる川東宗時さんが、ブランドディレクターとなり、個人で立ち上げた。ヘップサンダルは、オードリー・ヘップバーンが映画「ローマの休日」で履いたサンダルと似た形状のサンダルのこと。かつては川東さんの地元でも数多く生産されていた。生産の海外シフトが進んだが、地域一帯には今も分業で物作りをする協力工場や職人がいる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop