H2Oリテイリング 「オンラインでも楽しさナンバーワン」へ

2020/05/27 15:00 更新有料会員限定


Medium 2001 %e9%98%aa%e6%80%a5%e9%98%aa%e7%a5%9e %e8%8d%92%e6%9c%a8%e7%9b%b4%e4%b9%9f%e7%a4%be%e9%95%b7
荒木社長

 エイチ・ツー・オーリテイリングの荒木直也社長は、百貨店事業を中心に「デジタルとアナログを融合した販売スタイルを強化」していく考えを示した。コロナ禍により、ライフスタイルが急速に変容していくと見ており、規定の実店舗への改装投資は続けながらも「デジタル投資にシフトしていく」。実店舗で目指している「楽しさナンバーワン百貨店」をオンラインでも追求していく方針だ。

(吉田勧)

【関連記事】H2Oリテイリング、阪急阪神百貨店の社長交代 「ヨコ軸」提案をグループ全体でも

 現状の消費動向については「命を守る段階から、今は暮らしを取り戻す段階」との見方で、百貨店のインバウンド(訪日外国人)需要については「1年間回復は難しい」。国内消費も「年内いっぱいかけて緩やかに回復するのではないか」とする。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop