グッチ、コレクション年2回に ミケーレ「熟考を経て“新しい物語”」

2020/05/29 06:30 更新


 【パリ=松井孝予通信員】仏ケリンググループ傘下「グッチ」が、コレクションを年2回にとどめると発表した。

【関連記事】《小笠原拓郎の目》ショーの根本に服の力が必要

 アーティスティックディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、この決断までを自身のインスタグラムに投稿した。7ページに及ぶディアリオ(日記)「ノーツ・フロム・ザ・サイレンス」は、ミケーレがロックダウン(都市封鎖)中に熟考したことが、ファッションを続けていくためのメッセージとして、多くの共感を呼んでいる。

 「自由をイメージするには難しい時、自分自身の行いにどんな意味があるか自問してみる」「僕たちは遠くへ行き過ぎた。僕たちのしたことが僕たちの住む家を燃やしてしまった」と環境について考察しながら、もうコロナ前には戻りたくない心境をつづり「これまでの自分の仕事の流儀を今、変えなければならない」と内省する。今後コレクションはシーズンにとらわれず「全く自由でルールとジャンルをミックスした新しい物語のチャプター」を自身のリズムで、新しいプラットフォームのコミュケーションと共にイレギュラーに発表していくという。

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop