《小笠原拓郎の目》ショーの根本に服の力が必要

2020/05/18 06:29 更新有料会員限定


Medium 07 87q0580
パンクなバレエダンサーの動きとともに新作を見せた「マーク・ジェイコブス」20~21年秋冬

 20~21年秋冬は様々なブランドが、ショーの演出によってファッションの楽しさをアピールした。ニューヨークの「マーク・ジェイコブス」、ミラノの「グッチ」、パリの「バレンシアガ」が代表的だ。エンターテインメント性の高いショーは時に見る者を熱狂させる。しかし、その根本に服の力がなければならない。

(小笠原拓郎)

 マーク・ジェイコブスは、パンクなバレエダンサーで振付師でもあるキャロル・アーミテージとともにコレクションを見せた。マーク・ジェイコブスの服を着たダンサーたちが、モデルとともにステージを舞い踊る。まるでシャンパンの泡が弾けるように、美しい服とダンサーの動きが重なり押し寄せてくる。ハンドクラフトを生かしたミニマルなラインとパンクなバレエダンスが共鳴し、服の力が人の動きによってスパークするように感じられたコレクションだ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop