【ファッションとサステイナビリティー】東レ 「&+」やダウンリサイクルを推進

2020/11/30 05:00 更新


Medium

 東レは省エネ、バイオマス由来、環境低負荷など幅広い切り口でサステイナビリティーに取り組む。最近は使用済みペットボトルを使ったブランド「&+」(アンドプラス)、ダウンリサイクルといった新しい取り組みを立ち上げ、これに力を入れている。

 同社は中期経営課題で環境配慮型のグリーンイノベーション(GR)事業を重点に据え、繊維では暖かインナーなど温室効果ガス排出削減に貢献する省エネ素材、バイオマス由来合繊、非フッ素撥水(はっすい)のような環境低負荷素材など7テーマを推進する。

 リサイクル関連で昨年立ち上げたアンドプラスは回収ペットボトルを原料にしたポリエステル繊維のブランド。リサイクル時の異物除去濾過(ろか)、洗浄などで高い技術を持つ協栄産業と組み、東レの繊維製造技術を生かした付加価値の高いリサイクル素材でアップサイクルや循環型の取り組みを広げていく。

 このほか、今年から瀬田工場でダウンリサイクルがスタートした。ユニクロとの協業で、使用済みのウルトラライトダウンから中のダウンを取り出し、製品に再生するプロジェクト。ウェアの裁断、ダウンの分離、回収を自動で行うリサイクル装置を東レがゼロから開発し、年120万着規模を目標に大規模な回収リサイクルを進める。今後、側地のナイロンのリサイクルも視野に入れ、さらなる進化を目指す。

アップサイクル型のブランドとしてリサイクルポリエステルの「&+」を訴求

(繊研新聞本紙20年11月25日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop