【FBとサステイナビリティー】日東紡インターライニング 再生糸・原着糸使い重点

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e6%97%a5%e6%9d%b1%e7%b4%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0 %e7%92%b0%e5%a2%83%e9%85%8d%e6%85%ae%e5%9e%8b%e8%8a%af%e5%9c%b0

 日東紡グループの日東紡インターライニングは、自然環境に配慮した芯地のバリエーションを拡充している。このほど、専用のブックなど提案資料もまとめ、リサイクルポリエステル糸を使った芯地を中心に打ち出し、「環境配慮型商材で業界の役に立ちたい」考えだ。リサイクルポリエステル芯地は緯糸にリサイクルポリエステルを使った既存品と、リサイクルポリエステル糸100%の新商品を出した。いずれも加工糸を使い伸縮性を備える。今後、極薄や高耐久のタイプも出す予定。ホルマリンが製造工程中に移染しないよう徹底的に管理した、ノンホルマリン芯地も新商品。「乳幼児に安心・安全な商材」として提案する。

 省資源、省エネルギーを切り口にした商材も揃う。繊維製品の安全性を証明する国際規格「エコテックススタンダード100」認証の抗菌加工をした芯地や、消臭芯地は「抗菌、消臭機能があるため洗濯回数が減り、洗剤の使用量、排水量の削減にもつながる」と考えている。低温接着が可能な芯地や、原着糸を使った芯地、裏地と芯地の役割を備える多機能資材「イノベーティブファブリック」などは、芯地およびアパレルの製造工程で使うエネルギーと二酸化炭素を削減する商材として訴求する。

リサイクルポリエステル糸使いの芯地(左)と原着糸使いの芯地

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop