【ファッションとサステイナビリティー】日鉄物産 持続可能な供給網築く

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e6%97%a5%e9%89%84%e7%89%a9%e7%94%a3 %e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc 20%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e5%86%ac

 日鉄物産の繊維事業本部は、事業活動のサステイナビリティーを様々な切り口で推進している。主力事業であるOEM・ODM(相手先ブランドによる設計・生産)の延長で着手したOBM(オリジナル・ブランド・マニファクチャー)の取り組みや、環境負荷の抑制につながる綿花の研究開発に対する支援、持続可能なアパレル産業の構築を目指すサステイナブル・アパレル連合(SAC)への加盟などがある。

 OBMはメンズのOEM・ODM部署がエフシープランニングオフィス市岡と共同で立ち上げたデイリーウェアのブランド「トゥルー」。再利用された水から育てられる綿花を用いたイスラエルピマコットンなどを中心に使った。

 原料軸の案件は、今春に発表した〝色つき綿花プロジェクト〟。インドのパンジャブ州立農業大学との共同プロジェクトだ。染色不要の色つき綿花は、サプライチェーンのコストと環境負荷を抑えられる利点があると考えている。

 SACへの加盟については、アパレルの持続可能なサプライチェーンの構築を一段と推進する狙いがあり、「日本や海外へアパレルを供給する商社としての責務を果たす」と強調。加盟企業として率先して活動に関わっている。

メンズのOEM・ODM部署が立ち上げた「トゥルー」

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop