ファーフェッチがビューティー分野に進出 日本は時期未定

2022/05/11 11:00 更新


Medium farfetchbeauty760
欧米を対象にスタートした(イメージ)

 ラグジュアリーファッションECのファーフェッチは、英国・欧州・米国を対象にビューティー分野の商品の販売を開始した。日本での販売時期は未定としている。

【関連記事】ファーフェッチ、ニーマンマーカスグループに2億ドル投資

 ビューティーカテゴリーは、スキンケア、メイクアップ、ヘア、フレグランス、バス&ボディー、ウェルビーイングで構成する。ファッションとビューティーがワンストップで購入できる体験を提供する。「オフホワイト」のビューティーラインとして初のフレグランス「Paperwork」コレクションも販売している。

 ビューティー商品の販売開始と同時に「ファーフェッチ・ビューティ・グローバル・コレクティブ」と名付けたコミュニティーを設立した。消費者とインタラクティブにコミュニケーションを取ることができるプラットフォームを目指す。ビューティーEC「ヴァイオレット・グレー」の設立者のカサンドラ・グレー氏を筆頭とする業界をけん引するメンバー8人で構成されている。最新のエクスクルーシブな情報やコミュニティーメンバーが独自の専門性やセンスを生かして選んだ商品セレクション情報が入手できる。

 ファーフェッチグループにとってビューティー分野への進出は、約690億ドルと想定される世界のラグジュアリー・ビューティー市場をターゲットとする大きな機会になるという。

関連キーワードデジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop