コロナ下の働きやすい職場作り フリーアドレス、在宅勤務など整備進む ウェブ会議用個室や手当も

2021/03/09 06:28 更新有料会員限定


Medium 8011c838 9ca4 4bd8 bc53 aecadc89f0d1
フリーアドレスにし、席数は従来の8割まで減らした(クロスプラス)

 コロナ下の働きやすい職場作りに力を注ぐ企業が増えている。新型コロナウイルス感染拡大から1年が経過、在宅勤務やウェブ商談など試行錯誤しながら、新しい制度設計を進めてきた。課題が残る部分もあるものの、成果を上げており、コロナ禍の終息にかかわらず、「継続していきたい」とする施策も多い。

(森田雄也)

DXの一環で

 クロスプラスはコロナ禍への対応がスムーズに進んだ企業の一つ。16年にカイゼンプロジェクトと女性活躍プロジェクト、17年に業務改革プロジェクトを発足。社内SNSやワークフロー、グループウェア、経費精算のデジタルツールをコロナ禍以前から整備していたことが大きい。推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みの一環だ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop