チャナカンパニーのボトムハンガー好調 実用性が評価

2017/12/05 04:27 更新


Medium resourceview  2

 店舗用ハンガーが主力のチャナカンパニー(東京)が販売する、ボトム用ハンガー「グリップクリップ」が好調に売れている。クリップで留めた衣服が落ちにくく、クリップで留めた跡が衣服に付きにくい。売り場で実用性が評価され、17年の販売数量は発売初年度の3年前と比べて10倍となる30万本を見込む。

【関連記事】チャナカンパニー、"見えないハンガー”を発売

 グリップクリップは、金属のクリップの間にエラストマー製のパーツを取り付けて、4点で衣服を挟む構造が特徴だ。4点で留めるだけでなく、エラストマー製パーツの形状を工夫し、衣服が落ちようとする力が強いほど、クリップの挟む力が強くなる。

 従来のボトム用ハンガーは挟む力が強いとベルベットなど繊細な生地には跡が残りやすく、挟む力が弱いと薄手の生地は落ちやすいという課題があり、「販売員のストレスになっていた」という。

 現在、グリップクリップを採用しているブランドは約30あり、そのうち約10ブランドは100~200店規模。「売り場で機能を実感してもらえると評価が広がりやすい」として、着実に販売数量が増えてきた。販売初年度の14年は3万本、15年10万本、16年15万本と伸び、17年は前年比倍増となる見通しだ。

クリップは従来品よりもスマートな形状
金属製クリップの間にエラストマー製のパーツを取り付けて4点で衣服を留める


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop