アルベール・エルバスさんを悼む 00年代のパリ・エレガンスをリード

2021/04/27 06:30 更新会員限定


Medium lanvin ss15 0991

 「お茶の水博士、恐るべし」。2000年代初頭に初めて見た「ランバン」のショーの後、そうつぶやいたことを覚えている。ふくよかな体形のアルベール・エルバスのことを当時、勝手に漫画「鉄腕アトム」に登場するお茶の水博士と重ねていた。

 「クリツィア」からランバンへと移り、老舗メゾンを鮮やかに復活させていくアルベールのクリエイションに心を奪われた。その高いクリエイションとともに、ショーのフィナーレに登場するちゃめっ気たっぷりの振る舞いがほほ笑ましく、人々から愛された。ショーの規模が大きくなっても、会場は温かくファミリアな雰囲気にあふれていた。それもアルベールの人柄ゆえであろう。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop