「ターク」21~22年秋冬コレクション デザイナーがプレゼンで説明

2021/02/12 10:59 更新


Medium %e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%af

 「ターク」はこのほど、21~22年秋冬コレクションを都内でプレゼンテーション形式で見せた。デジタル形式で参加したパリ・メンズコレクションに続くもの。かつてのオートクチュールのように、モデルの登場に合わせてデザイナーの森川拓野が一点ずつ商品を紹介した。

 秋冬のクリエイションの中心には、オリジナルのテキスタイル開発がある。森川の「夢と現実のはざま」を表現するというテーマをもとに、様々なテキスタイルを生かした新作を見せた。二重織のコートは表地のモヘアの起毛タッチで重厚に見えるが、裏がポリエステルで軽やかな着心地。ローファーをそのままニーハイブーツにしてしまった靴も、現実と非現実が溶け合うことをイメージしている。

デザイナーの森川本人が一点ずつ紹介

 ジャカード織機で織ったウールへリンボーンが綿のシャツ地に変化していく生地やウールがナイロンに変化していく生地で新しいアイテムや着方を作り出した。例えば、ウールのヘリンボーンジャケットは、胸元からウエストに向かって徐々に綿のシャツ地に変わる。そのため、ジャケットの裾をパンツのウエストにタックインして着る。梳毛のウールのジャケットは身頃の途中からナイロンに変わり、ジャケット襟のMA-1のようなアイテムに仕立てた。夕焼けのグラフィックやぼやけたフラワープリントのアイテムでノスタルジックな気分をプラスする。作りこんだ素材を生かすことで、これから先も新しいアイデアを生み出しそうだ。

ウールとコットンへと変化する生地で新しいジャケットを作った
ノスタルジックに見えるぼやけたフラワー柄

(小笠原拓郎、写真=加茂ヒロユキ)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop