20年春夏パリ・メンズコレクション 新しいテーラードスタイルを模索

2019/06/26 06:30 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2019 06 25t165520.055

 【パリ=小笠原拓郎】20年春夏パリ・メンズコレクションはミラノに続いて、新しいテーラードスタイルの模索や鮮やかな色がトレンドとなった。次の時代をけん引するような新しいスタイルは見当たらず、色と柄で変化をつけるショーがメインとなった。

(写真=大原広和)

【関連記事】20年春夏パリ・メンズコレクション 男と女を巡る新たなスタイル=コムデギャルソン・オム・プリュス

 エルメスはミントグリーンやバブルガムピンクといった鮮やかな色をアクセントにした。チノパンツやストライプシャツ、リネンのプルオーバー、エフォートレスなムードを漂わせるスタイルの中に鮮やかな色が映える。半袖のスエードシャツに極薄のレザーコートなどエルメスらしいレザーのクオリティーを生かしたアイテムも揃う。インターシャで胸元に柄を編み込んだセーターもシンプルだが手の込んだ一品。フードのついたスポーティーなパーカはピンクやオレンジ。シルクスカーフのようなパネルプリントで作った美しく軽やかなテーラードジャケットも充実する。サンダルとスカーフのアクセサリーがリラックスしたムードとクラス感を両立させている。

エルメス
エルメス

 ランバンはパリ郊外にあるレトロな市民プールをショー会場に選んだ。ブルーノ・シアレッリによるパリ・メンズでの初の発表は、マリンモチーフとヒスパニックの要素を組み合わせたものになった。

 ジャケットの襟は白いセーラーカラー、ブルゾンにはヒトデやホタテのアップリケをのせる。背中に大きなオウムを編み込んだジャカードニット、羊をモノグラムのように編んだベストなどニットの柄も面白い。メキシコ風の装飾のジャケットや変形の麦わら帽子が、夏のイメージにマッチする。

 クジラやゾウのイラストのプリントなどは秋冬からの継続。これまでのランバンの市場から見ると子供っぽさも感じるが、顧客を若返らせて新しい市場を開拓したいという狙いならば、このコレクションは間違っていない。

ランバン

【続きは繊研新聞・電子版で】


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop