20年春夏パリ・メンズコレクション 男と女を巡る新たなスタイル=コムデギャルソン・オム・プリュス

2019/06/25 11:00 更新


Medium comme des garcons hp ss20mhf 101

 【パリ=小笠原拓郎】20年春夏パリ・メンズコレクションのスケジュールを俯瞰(ふかん)して眺めてみると、日本のブランドの比率が高まっていることに気づく。オフスケジュールのブランドも含めるとここ数シーズンでぐっと増えた。

 もちろん、そのコレクションのクオリティーと集客力は様々だが、ラグジュアリーブランド以外のインディペンデントのブランドが減るパリ・メンズにおいて、日本ブランドの存在はなくてはならないものになっている。

(写真=大原広和)

【関連記事】20年春夏パリ・メンズコレクション ナチュラルカラーに暖色系やグリーン差して

 コムデギャルソン・オム・プリュスは男性らしさと女性らしさの間で、新しいスタイルを探っている。テーラードジャケットのポケットフラップがそのままスカートのようにドレープを描き、鮮やかなプリントのコートは共地のドレスと組み合わせる。

 コートの身頃にビュスティエを思わせるボーンのディテールを取り入れ、ジャカードのコートはスカートとのセットアップになっている。首には大粒のミキモトパールのネックレス。

 コムデギャルソンはこれまでにも、何度もジェンダー(性差)を巡る新しい美の在り方にトライしてきた。そして、時代の変化とともに、今なお、このテーマが表現における一つの焦点になることを暗示している。

 今回のテーマは「オルランド」。英国の小説家ヴァージニア・ウルフの作品からイメージしたもの。コムデギャルソンは20年春夏を通して、オルランドをテーマにする。1幕目がこのメンズコレクション、2幕がレディスコレクション、3幕が12月のウィーン・オペラ座で上演の舞台衣装となる。

【続きは繊研新聞・電子版で】


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop