20年春夏オートクチュールコレクション「シャネル」シンプルなカットに秘めた手仕事

2020/01/23 06:26 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  72

 【パリ=小笠原拓郎】20年春夏オートクチュールは、過剰にきらびやかさを主張するわけでもなく、コンサバティブにも陥らず、今のありのままの女性たちからイメージしたクチュールが楽しい。もちろん、1体何百万円のオートクチュールピースなど、一般のビジネスウーマンが買えるものでもない。しかし今、オートクチュールに求められるのは、どこかのお金持ちの夢物語のための服ではなく、そのクチュールテクニックを生かしたエッジの立ったファッションなのだと考えさせられる。

(写真=大原広和)

【関連記事】20~21年秋冬パリ・メンズコレクション 新陳代謝が進む

 シャネルのショー会場であるグランパレに入ると、白い布で仕切られた庭園が造られている。中央には泉が湧き出し、飾らない静かな空間になっている。宇宙ロケットの発射台から海沿いの街まで、これまで数々のショー空間を作って、その時々のシャネルスタイルを見せてきた。しかし、今回はとても親密で飾らない場所でのコレクションとなった。


 モノクロのトーン、チェックにビジュー刺繍、ツイード。ブークレタッチの立体感。シャネルらしい上質な素材を生かしたアイテムが次々に現れる。そのほとんどがモノトーン。それゆえ生地と装飾の手仕事が際立つ。

 テーラードジャケットに膝上スカート、スーツにストレートドレス。素材と色を強調するかのように、シルエットも極めてシンプル。そこに白いソックスと黒いスリッポンを合わせていく。わずかな装飾となるのは大きなビジュー飾りの襟。とはいえシンプルなカットにジャカード生地のオリジナリティーは冴(さ)え、花びらの刺繍が重厚感を生み出す。シャネルの描く一見シンプルで清楚(せいそ)な白の憧憬(しょうけい)の奥には、このメゾンの持っている技術の粋が詰まっている。


◆続きは繊研新聞・電子版で

トレンドセミナーのお申し込みはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop