20~21年秋冬ロンドン・メンズコレクション「マーティン・ローズ」 迫力のストリートスタイル

2020/01/09 06:26 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  8

 【ロンドン=小笠原拓郎、若月美奈通信員】20~21年秋冬ロンドン・メンズコレクション3日目のショーはわずかだが、新しいプロジェクトを紹介するブランドのプレゼンテーションなどが相次いだ。全体を振り返ると中国系デザイナーとサステイナブル(持続可能)な物作りをアピールするデザイナーが目立ったシーズンだ。

【関連記事】20~21年秋冬ロンドン・メンズコレクション あいまいな抽象柄が浮上

 マーティン・ローズは、縮小傾向にあるロンドン・メンズで自らのポジションをアピールした。ショー会場に選んだのは夜の小学校の教室。無邪気な子供たちの作品が飾られた教室に子供の歌声が流れる。しかしその歌声はあっという間に違うリズムにかき消され、ローズの迫力のストリートスタイルに飲み込まれていく。

 ダブルブレストのテーラードジャケットにジーンズ、スポーティーなマウンテンパーカ、サイハイのウェスタンブーツ。一つ間違えばダサい80年代風ジーンズコーディネートも、ローズにかかれば他のブランドにはない独特の存在となる。モデルたちは片側だけソバージュのようにしたヘア。ジーンズには花をかたどったブリーチ柄やストライプが描かれ、ジャケットにはシャドーパターンで描くタイポグラフィーが透けて映るようにのせられる。

 コバの張ったドレスシューズに黒いパテントのパンツやドレスなど、エキセントリックな要素は時に醜悪にもなりかねないのだが、ストリートのパワーと混ざり合ってローズらしさとなる。ニットのブルゾンやセーターをマフラーのように首に巻き付けるスタイルも、いかにもローズらしい手法。デムナ・ヴァザリアのもとで「バレンシアガ」のメンズラインのデザインを担当していたというのも、このバランス感を見れば納得できる。

(写真=大原広和)

◆続きは繊研新聞・電子版で

トレンドセミナーのお申し込みはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop