18~19年秋冬ミラノ・コレクション ジル・サンダー

2018/02/26 16:30 更新


Medium jil sander aw18fh 171

 【ミラノ=小笠原拓郎】18~19年秋冬ミラノ・コレクションは、ブランドのディレクターを変えて新たな体制でリブランディングするコレクションが相次いだ。レディスとともにメンズを見せるショーも多い。

(写真=大原広和)

【関連記事】18~19年秋冬ミラノ・コレクション プラダ

 夕闇のショー会場の入口には、イエローがかった光を放つバルーンが浮いている。そのバルーンにはジル・サンダーの文字。ルーシー&ルーク・メイヤーによる2シーズン目のショーは、ジル・サンダーのアーカイブを背景にした柔らかな色と構築的なシルエットで見せた。

 ノマドのムードと未来的なムードを併せ持つコレクションは、繊細で柔らかな風合いとケミカルなタッチと色で構成される。まずファーストルックの生地に驚かされる。白いジャケットはわずかにでこぼことした風合い。わたを留めつけたようなそれは、ニットを上からキルティングしたもの。コートはラメジャカードで壁紙のような植物柄。張りのあるテーラードスーツは、袖にニットのハンドウォーマーのようなパーツを巻きつけてフォルムの強弱をつける。

 ウエストから立体的に広がるコートなどの構築的なシルエットは、かつてのジル・サンダーとも共通するところ。あえて言えば、昔のほうがよりストイックでエッジが立っていた。

 メイヤー夫妻の場合は、構築的でありながらどこか柔らかなムードが漂う。それは、枕のような中わたのアクセサリーを持って歩いたり、肩からショールのように巻きつけたりするスタイルからも感じとれる。単純な柔らかさや優しさとは違う、何か未来的な孤独感のようなものも同時に感じ取ることができる。テーマは「ヒューマン・フューチャー」。

ジル・サンダー

> 続きは繊研新聞の本紙・電子版で

18年春夏繊研レディストレンドセミナーはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop