「ワークマンプラス」 11月に2号店、3号店を開設

2018/10/01 06:26 更新


 作業服・作業用品のFC専門店チェーンのワークマン(群馬県伊勢崎市)は11月、一般客向け高機能ウェアの新業態「ワークマンプラス」の2号店と3号店を新たに開設する。11月8日には川崎中野島(川崎市)に路面タイプの2号店、22日にはららぽーと富士見(埼玉県富士見市)に3号店を出店する。

【関連記事】ワークマンの一般客向け新業態 立川で1号店オープン

 川崎中野島店は売り場面積約300平方メートルで、アウトドア・スポーツウェア主体のワークマンプラス売り場に、既存業態で扱うワーキングウェア売り場を併設したミックス型店舗。一般客向けから、建設作業員などプロ向けのワークウェアや作業用品まで揃い、新業態と既存業態の商品がほぼ半々の構成となる予定。ららぽーと富士見店は約165平方メートルで、1号店の立川立飛店と同様に機能性ウェアのPB主体の品揃えとなる。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop