ワークマン業績好調 既存店売上高は35カ月連続増

2020/09/03 06:29 更新会員限定


Medium %e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3 20%e5%b9%b48%e6%9c%88%ef%bc%ae%ef%bd%8f%ef%bd%9a%ef%bd%8f%ef%bd%8d%ef%bd%89%e3%81%95%e3%82%93
「アンバサダー」の声を生かして、一般客向けの商品の改良、開発を進めている

 ワークマンの業績が好調だ。20年3月期は増収増益で、既存店売上高も35カ月連続で前年実績を上回り、第1四半期(4~6月)も2ケタ増収増益になった。進めてきた一般客の拡大が実った。「ワークマンプラス」の出店拡大に加え、既存の製品に寄せられるユーザーの意見を「丸飲み」して汎用性の高いヒット商品を生み出している。今後も一般客向けの販売はさらに伸ばす考えで、靴やレディス専用アウトドアウェア、レインウェアなどの専門業態開発も視野に入れている。

(柏木均之)

4、5月も成長

 作業着需要の縮小を見越して一般客向けの商品開発に乗り出し、18年からワークマンプラスの出店を始めた。8月末時点の全880店のうち216店がワークマンプラスだ。一般客向けの販売が伸びたことで、新型コロナウイルスの影響がファッション市場に及んだ3月以降も、既存店売上高が伸びた。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop