【特集】大人レディス市場は今後どうなる?

2017/08/03 15:00 更新


Medium %e8%a1%a8%e7%b4%99

今回で8号目となる「繊研新聞レディスファッション特集」。この間、大人レディス市場の活性化を目的にさまざまなテーマを発信してきたが、今回は改めてブランドに焦点を当てて紹介をしている。注目ブランドの強さの秘密や商品へのこだわり、出店戦略をはじめ、最近のトピックスに関連したブランドの取り組みにも注目してもらいたい。(繊研新聞・7月20日付タブロイドより)


NEWS① お仕事ジャケット人気続く 集積売り場も

 16年頃から注目が高まっているのがキャリア向けのジャケットだ。休日はジーンズなどにも合わせられる気軽なデザインを中心に、「17年春夏も売れており、ニーズは続いている」(レディスブランド)という。今秋冬のグレンチェックなどブリティッシュテイストのトレンドも、「ジャケットを着たい気分」を盛り上げてくれそうだ。



高島屋は17年秋からスーツの自主編集売り場を立ち上げる


 百貨店では集積売り場を設ける動きも広がっている。阪急うめだ本店は、16年春にスーツを集積した売り場を新設。これまでスーツは各ブランドで探すしかなく、お客にとってストレスが多かったことから導入した。価格とサイズのバリエーションを充実し、比較購買しやすくしている。売り場の認知度も高まり、売り上げも好調な推移という。

 高島屋は17年秋からスーツの自主編集売り場「スーツクローゼット」を立ち上げる。上質、機能性、トレンドなど女性のさまざまな職種やニーズに対応できる品揃え。横浜店と新宿店でスタートし、来春は店舗数を広げる。


NEWS② 大人カジュアル服 かつての情熱を再び

 キャリア向けジャケットが売れるといった現象とは対照的に、30代を中心とした大人に向けたカジュアルブランド・業態の開発も相次いでいる。古着やリメイク古着の取り扱いも目立つ。背景の一つには、20代の頃からストリート系などカジュアルファッションに親しんできた女性が大人になって買いに行けるお店がないということ。担当者自身が昔からカジュアルが好きで、同じ時代を生きた消費者に向けた商品が共感を呼んでいるケースもみられる。



「ビームスボーイ」の卒業生に向けた「マチュアリー」


 17~18年秋冬にはビームスが、「ビームスボーイ」で育った大人の女性を対象に新ブランド「マチュアリー」をデビューさせる。ストライプインターナショナルが 1 7 年 春にスタートしたセレクトショップ「ガレージオブグッドクロージング」ではオリジナル商品のほか、「77サーカ」などの仕入れブランドも売れているという。


NEWS③ オケージョンアイテムは 今っぽさ&手頃な価格で

 気候の影響を受けやすいファッション業界で、手堅く売れる商材として各社が力を入れているのがパーティードレスなどのオケージョン商品だ。ブランドのファンを対象にオケージョンラインを立ち上げるケースも見られる。



大手セレクトショップからの受注を増やしている「カエン」


 そんな中、大手セレクトショップなどへの卸販売を伸ばしているのがレディスアパレルメーカーの侶丹(ロダン)が手がけるドレスブランド「カエン」。17~18年秋冬物の受注額は17年春夏物比で69%増と大幅アップした。トレンド感のあるデザインと、熊本の自社工場での縫製で2万円台という手頃な価格が受けているようだ。

 近年はオールインワンのようなカジュアルなアイテムも増えているものの、旧来のオケージョンスタイルのイメージを引きずった商品も少なくない。普段にも着回せるおしゃれでリアルなデザイン、気軽に買い換えられる価格など、今の気分に合った商品企画が市場開拓のポイントになるだろう。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop