フランスの「ヴェイユ」 創業以来、初のショー開催

2019/02/06 06:26 更新


Medium weill women aw1920 03

 パリジェンヌに親子代々愛され続けてきた、今では数少ないファミリー経営のメゾン仏「ヴェイユ」は、1892年創業以来の初めてのショーを開催した。

 会場はホテルリッツのサロン。「ランバン」「アザロ」で経験を積んたアーティスティックディレクター、マチルド・カステロ・ブランコによる3シーズン目となる19~20年秋冬は、60年代がテーマ。当時の映画女優を思わせるパリジェンヌらしいスーツとローブを中心にした31ルックを出した。

 グレーのニュアンスのチェックやヘリンボーン、ストライプ柄のトラッドなテーラードは、柔らかなビックシルエットで女性らしさを表現する。アニマルモチーフのカーディガンやフェイクファーのショートコートと合わせた。

 60年代の傑作フィルム「昼顔」で見せたカトリーヌ・ドヌーヴのファッションを、黒いエナメルのジップアップジャケットとミニスカートに帽子を組み合わせたアンサンブルで、モダンに再解釈した。

ヴェイユ

(パリ=松井孝予通信員)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop