《山本伊都子のVMDクリニック⑭》2月後半編 春は立ち上がりに勢いを 「誰」に「何」を提案するか

2024/02/29 10:59 更新有料会員限定


 暖冬で例年より春商品の動き出しが早くなりそうです。そこで想定される課題は、「入店客数に対して買い上げ率が低い」ことです。春商戦は短いので、いかに立ち上がりにターボをかけるかがポイントですから購買客数が低いというのは問題です。購買客数が伸びないのは店舗で何が起きているのでしょうか。

【関連記事】《山本伊都子のVMDクリニック⑬》2月前半編 春商戦は短期決戦 新鮮さで新しい季節への期待を喚起

ターゲットに合わせる

 春商品の販売のピークは3月20日ごろに計画され、一般的には2月後半は売れ筋商品の把握と主力商品の動きを知ることが大切だと言われています。

 しかし、VMDの計画段階で他にもっと大切なことがあると思っています。商品のことより優先されるべきはお客様です。(□をチェックしましょう)

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事